最安1ケ月6000円《チャンピックス 通販》送料無料の個人輸入

チャンピックスの激安通販はこちら

チャンピックス禁煙外来12週間パック

病院に通院不要でチャンピックスでの禁煙治療が可能

病院と同じ禁煙治療期間12週間分=39,800円【送料無料】
>>チャンピックス禁煙外来12週間パック<<

禁煙医薬品チャンピックスの通販

初めてチャンピックスで禁煙を始める方に

初回用(2週間分)=9,280円【送料無料】
>>チャンピックススターターパック<<

チャンピックス禁煙パック

スターターパックに2週間の継続用がセットのお得なパックです。

初回用(2週間分)+継続用(2週間分)=16,500円【送料無料】
>>チャンピックス禁煙パック<<

禁煙チャンピックスメンテナンスパック

チャンピックスを追加で購入するなら

リピート・継続用(2週間分)=9,780円【送料無料】
>>チャンピックスス追加購入<<


何故チャンピックスの成功率は高いのか?

 

現在、チャンピックスは禁煙成功率No,1と言われています。
禁煙で一番つらいといわれる離脱症状を防いで禁煙へと導いてくれます。
f381e46d8784168242f948aa4fdace88_s
自分の意思だけで禁煙するという方法の成功率は5%以下、また“ニコチン代替法”では、10~20%台と意外に低い成功率となっていますが、チャンピックスの禁煙成功率は44%となっており、その禁煙効果は高いものと言えます。

チャンピックスの効果が高いその理由は、ニコチンガムやパッチなどと違い、成分としてニコチンを含まない画期的な経口薬であること、また、離脱症状(いらいら、タバコが吸いたいなど)を和らげ、たばこを「マズい」と思わせる斬新な2つの作用にあります。チャンピックスには、「刺激作用(作動薬作用)」「拮抗作用」という特徴的な2つの作用があります。
ニコチンは脳内のニコチン受容体と結びつき、ドーパミンという快楽物質を放出しますので、人は繰り返しニコチンを摂取したくなる衝動にかられ、依存症になってしまいます。

チャンピックスの主成分の「バレニクリン」が、ニコチン受容体にくっつくことによって軽く刺激し少量のドーパミンを放出させ、禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する欲求を軽減する作用が「刺激作用」です。

チャンピックスを服用することにより、ニコチンより先にチャンピックスがニコチン受容体と結合する為、万一喫煙してしまった場合、既にニコチンが必要ない状態にある為、喫煙による「快感」が得られずたばこを吸うことに不快を感じるようになる作用が「拮抗作用」です。

最初の服用1週間は喫煙しても良いのですが、タバコを吸っても「おいしい」と感じなくなります。そうすると自然に本数は減っていきますから、タバコを吸いたいという気持ちが次第になくなることで禁煙を成功に導きます。
チャンピックス失敗しない為にはきちんと服用することが決め手です。


禁煙外来で保険適応になる条件

健康保険等で禁煙治療が受けられる医療機関を探します。
インターネット等で、お近くの禁煙クリニック(禁煙外来)を市区町村で検索できるサイトなどがあります。

禁煙外来で保険適用となるには、一定の条件を満たした患者でなければなりません。
ニコチン依存症診断用スクリーニングテスト(TDS)を行い5点以上であること

ブリンクマン指数が200以上であること

患者自らが禁煙を望むこと(1ヶ月以内に禁煙を始めたいと思っている)

治療方法に関しての文章を読み、治療に関する承諾書を記述すること
 (問診票などに、日付や自分の氏名を書きます)

※ブリンクマン指数=(1日の喫煙本数」×これまでの喫煙年数)

また、過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方は、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちに、再び禁煙外来を受診する場合は、自由診療となります。
飲み薬による治療は初診から12週間、貼り薬による治療は初診から8週間が標準治療期間ですが、保険適応期間は、内服薬では同じく12週間、貼付薬では10週間までです。

但し、医師が必要と認めた場合には、それぞれの薬剤について別に定められた範囲内で処方されることもあります。
この場合、前述の保険適応期間を超える範囲の費用については、診察料・薬剤費用などを含めて全額自己負担となります。

また、チャンピックスには副作用があります。
眠気・吐き気・下痢などがありますので、気になる方は医師に相談するなどして、きちんと副作用など把握しておきましょう。
   


禁煙外来での検査の流れ

健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。

主な流れとして、
最初の診察
治療法の説明の他、ニコチン依存度、喫煙の状況などがチェックされます。
また、呼気中の一酸化炭素濃度の測定し、医師と相談しながら禁煙開始日を決め「禁煙宣言書」にサインします。
禁煙補助薬の特徴と使い方の説明を受けて、あなたに合った薬を選びます。

2回目
初回から2週目に再診し、喫煙状況の問診を受けます。
初回に引き続き、呼気中の一酸化炭素濃度の測定や禁煙のアドバイスなどを受けます。

3回目
最初の受診日から1ヵ月後が3回目の受診日です。
2回目の診察と同様に呼気中の一酸化炭素濃度測定とともに、出現した離脱症状の確認や対処法などのカウンセリングや治療を受けます。

4回目
最初の受診日から2ヵ月後が4回目の受診日です。
3回目の診察と同様に呼気中の一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどを受けます。
薬は禁煙補助剤が主に使われますが、ニコチン自体は8週間でほぼ抜けきります。

5回目
12週目の再診が最終回、治療終了です。禁煙成功していれば、今後禁煙を続けていく上での不安などを、医師に相談しておくとよいでしょう。

保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は約3ヶ月です。


チャンピックスの保険適応外になった場合の治療法

禁煙の方法は大きく分けて3つです。自分で禁煙する方法と、薬局・薬店で買える禁煙補助剤を利用する方法、そして医療機関で医師の指導のもと禁煙補助剤を利用する方法があります。

禁煙治療に保険が適用される医療機関は限られています。
自分が利用したい病院が保険での禁煙治療が可能かどうか、事前に確かめましょう。
また、禁煙外来で保険適用となるには、一定の条件を満たした患者でなければなりません。
1つでも満たしていない項目がある場合は保険適応外の治療となります。
また、初めて保険診療による禁煙治療を受ける、もしくは前回の保険診療による禁煙治療から
1年以上経過していることも条件となります。

チャンピックス費用は、12週間の禁煙外来の場合、保険適用で(自己負担額3割負担として)
18000円ほど
になります。
しかし保険適用外になると全額実費で約60000円と高額になってしまいます。
追加診療や合併症の診察、検査などがあると金額はまた変動し、実費での支払いになります。
医院・薬局によって、若干チャンピックス値段が変わりますので、あくまで参考としてください。

保険適用になる条件の中のひとつである、「1日の喫煙本数」×「喫煙年数」で表す“ブリンクマン指数”は200以上であることが保険適用の条件です。
例として、1日1箱(20本)×10年=ブリンクマン指数(喫煙指数)200となります。
しかし、まだ若い人は一日の喫煙本数が多くないと、ブリンクマン指数が200以上にならずに保険適用外となるわけです。
実費で治療を受ける際は医院に費用や投薬内容を事前に確認しましょう。
他にもチャンピックス通販で購入する手段もあります。


チャンピックスの服用手順


禁煙薬チャンピックスの服用は禁煙スケジュールに従って、目的意識を持って進めます。

錠剤は低用量の0.5mg錠と、その倍量の1mg錠の2種類があります。
専用のスタート用パックが用意されていますので、迷うことはありません。

まず、禁煙開始予定日一週間前から始めます。
この最初の一週間はタバコを吸ってもよい期間です。

1日目~3日目 ⇒ 0.5mg錠・1日1回
朝昼夕は問いませんが、いずれかの食後にコップ1杯の水又はぬるま湯で服用してください。

4日目~7日目 ⇒ 0.5mg錠・1日2回
朝夕の食後に服用します。

1週間目は、徐々に喫煙本数を減らしていくように心がけましょう。
この期間にタバコを吸いたくなくなった場合には、その時点から禁煙を始めます。

8日目~ ⇒ 1mg錠・1日2回
8日目からはさらに増量し1日2回、朝夕の食後に1mg錠を11週間やめることなく服用します。
同時に禁煙を開始します。ここからはもうタバコは吸わないでください。

途中で禁煙できたと自己判断で服用をやめないで、必ず12週の服用を継続しましょう。
治療期間は12週間を一区切りとしますが、12週間の治療で禁煙に成功した人は長期間の禁煙をより確実にする為、さらに12週間延長して服用を続けることができます。

チャンピックスの激安通販はこちら

チャンピックス禁煙外来12週間パック
病院に通院不要でチャンピックスでの禁煙治療が可能

病院と同じ禁煙治療期間12週間分=39,800円【送料無料】
>>チャンピックス禁煙外来12週間パック<<

禁煙医薬品チャンピックスの通販

初めてチャンピックスで禁煙を始める方に

初回用(2週間分)=9,280円【送料無料】
>>チャンピックススターターパック<<

チャンピックス禁煙パック

スターターパックに2週間の継続用がセットのお得なパックです。

初回用(2週間分)+継続用(2週間分)=16,500円【送料無料】
>>チャンピックス禁煙パック<<

禁煙チャンピックスメンテナンスパック

チャンピックスを追加で購入するなら

リピート・継続用(2週間分)=9,780円【送料無料】
>>チャンピックスス追加購入<<

空気清浄機ではだめ

空気清浄機でタバコの副流煙の被害を抑えようと思っている人は多いのではないでしょうか。
私もその中の一人です。

実は空気清浄機ではタバコの煙に含まれる粒子状物質は取り除くことが出来てもニコチンなどのガス状有害物質は取り除けません
しかも空気清浄機はこまめに掃除をしないと性能が大幅に低下します。

一番評価の高かった家庭用空気清浄機の説明にも、
「一酸化炭素は一般の吸着材では除去できません。従って、部屋を締め切って空気清浄機をお使いいただいても一酸化炭素濃度は上昇します。
1時間に一回は部屋の換気をして部屋の空気を入れ替えてください。」
という注意書きを見つけました。

臭いや煙は無くなったと感じている人もいるようですが、結局は換気に頼らざるをえない、という事です。
室内で喫煙した場合は、定期的な換気をすることをお勧めします。

チェンピックス以外の禁煙方法

世の中にはさまざまな禁煙グッズが販売されています。
ニコチンパッチ・禁煙パイポ・ニコレットなどありますが、禁煙にチャレンジしたことのある人なら、一度は使用したことがあるのではないでしょうか。

ニコチンパッチ・・・パッチにニコチンが含まれている。皮膚からニコチンを吸収し、ニコチン切れの状態を防ぐというもの。

禁煙パイポ・・・タバコのような形をしており、口に咥えて吸引するもの。様々な種類のフレーバーがありますが、ニコチンは含まれていません。

ニコレット・・・ニコチンが含まれているガムで、タバコを吸いたくなった時に使用するもの。

これらの禁煙グッズは、タバコやめる意志が重要になってきます。
禁煙外来で処方されているチャンピックスは、意志の力を必要としない禁煙治療薬ですので、これらの禁煙グッズと比べてもその効果は高く、成功率90%以上といわれています。




次の記事 »